今では下取りだけに頼る必要は全くない


軽自動車を出来るだけ高値で売りたいのであれば、できるだけ下取りを避けて車買取業者で査定・売却するのが大切なコツです。

でもその際に注意しなければならないことが一つあります。

それは、高値が期待できる車買取店といえども、1社だけを相手にするのはしんどいだけであまり成果が期待できないということです。

「相場をしっかり調べたから価格交渉も大丈夫だ」と意気込んでも、何しろ相手は中古車買取のプロ、しかも隙あらば少しでも安く買い取ろうとしているプロなのです。

素人が相場金額を持ち出して交渉しても、査定減の理由ならいくらでも持ち出せるでしょう。

そのようなやり取りになったらプロと素人では勝負になリません。

豊富な知識、経験とデータベースで武装した車のプロフェショナルに、知識もデータも乏しい素人が敵うわけがないのです。

「私は車好きで車に関しては詳しいから」と自負している方も居られるかもしれませんが、買取のプロに言わせればそのような人の方が安く買取しやすいということです。

プロから見れば生半可の知識のあるほうが付け入りやすいということなのでしょう。

このような状況を避け、初めから買取店に限界に近い価格を提示してもらうための方法は一つしかありません。

プロにはプロをぶつけ、プロ同士に競争してもらうことです。

相手がプロとなれば買取店といえども変な金額提示はできません。

ましてや査定額を比べられ、負ければ買い取りたい軽自動車を買取できなくなるのですから、「買い取ってナンボ」の商売である買取店は真剣勝負をせざるを得ません。

そして、査定してもらう買取店が多ければ多いほど競争が激しくなり、査定額も高くなる可能性が高くなります。

特に軽自動車は中古の需要が多く売れ筋の車種ですので、どこの車買取店でも欲しがります。

欲しがる買取店が増えれば増えるほどオークションのように査定額が吊り上げり、マージンを削っての競争になるかも知れません。

複数社の査定は無料の一括査定サービスを利用すればそんなに難しいことはありません。

多くの業者に競争をさせ、世話になった愛車を目一杯の価格で売却してあげましょう。