ボディーカラーは白、黒、シルバーが人気


車買取り業者に車を売却をしようとする場合、まずはその車買取り業者に車両の査定をしてもらうことになります。

車の査定には様々なチェック項目があることはご存知だと思います。

車の評価に大きく影響するのは年式、走行距離等ですが、その他にも多岐にわたる項目をチェックすることにより査定額が決まり、その査定額によって買い取り価格が決まっていきます。

年式、走行距離以外に比較的査定額に大きい影響を与えるものにボディーカラーがあります。

日本国内では、一般に白、黒、シルバーといったところが人気のボディーカラーで中古車の売れ行きも良いといわれています。

中古車が売りやすいということは、車買取業者による買取価格も高くなるということです。

白や黒等が人気の高いカラーであるということを知っておくことは、車を査定してもらう際に意外と重要なポイントになってきます。

自分の車が人気カラーであるということを知らなければ、査定のときにさりげなくスルーされても気がつかないことになります。

たとえば愛車のボディーカラーが白である場合、それが人気カラーであることを知っていますよとさりげなくアピールすることによってスルーされることを防ぐことができるでしょう。

ではなぜ、ホワイト、ブラック、シルバーが人気カラーなのでしょうか。

なかには、あまり出回っていない色の方が希少価値もあり高く売却出来るのではないかと思う方も居られるかもしれませんが、やはり多くの人に好まれている色の方が需要も多く、多少高い値段でも売りやすいということのようです。

ただし、車の色が車の査定や車売却の価格に影響するのは確かですが、その影響の大きさというのは年式や走行距離ほどではなく、通常は数万円程度の違いになるということも知っておいた方がいいでしょう。

また、人気カラーでないからといって弱気になる必要もありません。

たとえ不人気カラーであっても、大事に乗ってきた状態の良い車であれば白や黒の車に負けない評価になることもあるからです。

ボディーカラー以外の条件がまったく同じであったなら、白や黒の方が査定上いくらか有利になるのだと覚えておけばいいと思います。

またフェラーリの赤や昔のスカイラインのシルバーメタリックなどのように、特定のカラーがその車のイメージカラーのようになっている場合もありますが、そのような車の場合はそのイメージカラーも人気カラーになるということになります。

ボディーカラーにはこのような中古になったときの人気の違いがあることは確かですが、かといって新車購入のときに手放すときのことまで考えてボディーカラーを選ぶというのも何か本末転倒のような気がしますね。

ボディーカラー選びも新車購入時の大きな楽しみの一つですから、本当に自分の気に入ったカラーを選ぶのがいいと思います。

手放すときに高く売りたいのであれば、普段から法定点検等のメンテナンスをきちんとやり、何よりも車を丁寧に、大事に扱うということの方が本筋ではないかと思いますがどうでしょうか。