査定前に洗車すると何かと良いことがある


買い取り業者に車売却を依頼すると、まずは車を査定してもらうことになります。

その査定をしてもらう前に洗車をすると車売却価格が上がるという話を聞いたことがある人もいると思います。

逆に、買取された車はどうせ店頭に並ぶまでの間にクリーニングされるのだから、査定を受ける前に洗車や清掃をしても意味がないし、査定額がアップするわけでもないという意見をネットなどで目にすることもあります。

もし本当に査定前の洗車をすることによって、車売却の価格が上がるのであればぜひともやっておきたいところですが、本当のところはどうなのでしょうか。

実際、車の洗車をしていてもしていなくても、査定ポイントにダイレクトに影響をあたえるということはないと言えるでしょう。

買い取り業者は買い取った車を商品として売ったりオークションに出品することになりますので、その際には必ず洗車も行いますし、車内もクリーニングをしっかりと行なうのが普通です。

したがって、買い取り業者にとっては、事前に洗車されていてもあまり関係ないというのが正直なところなのだといいます。

洗車を事前に行なっておくと小さなキズが目立ちやすくなるので、査定をする買取業者にとってはありがたいことですが、オーナーにとっては査定額が下がってしまいやすいということになってしまいます。

それでは、査定前の洗車は行わない方がいいのかというと、一概にそうとも言えないのです。

車をきれいにしておくことによって、車を査定する人へ良い印象を与えるのは間違いありませんし、車を大切にしているということや、車査定で少しでも高く売りたいということをアピールすることにもつながります。

またこれは実際に経験したことなのですが、多少古い車の場合、内装、外装、エンジンルームとも綺麗にしておくと、汚い場合に比べて明らかに買取店の「食いつき」が違ってきます。

綺麗にしてあり状態が良いということは、買取業者にとっても売りやすいし売値も高く付けやすいということになります。

「この車は欲しい」ということになればライバル社に買われてしまわないように思い切った高値を出すことにもつながるでしょう。

査定前の洗車というのは、このように直接的な効果というよりも副次的な効果を狙って行うものだと思います。

やはり車の査定というのは機械ではなく人が行なうものなので、洗車が査定のチェック項目になくても、全体の査定には間接的に影響して来るものだと考えた方がいいでしょう。

また、長い間お世話になった愛車を手放すときは、せめて少しでも綺麗にしてあげたいと思うのが普通の人の人情だと思いますよ。